×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




有心連歌「機縫」
(うしんれんが きぬい)
[機縫] [構成] [歌詞] [陣形] [振付]




大宮同心桜連2010年製作開始
有心連歌「機縫」 (うしんれんが きぬい)
この曲は生ものの如く日々変化していきます。
つまり、常に未完です。
たくさんの人々に踊ってもらって育つ曲になるんです。
曲名
有心連歌「機縫」
(うしんれんが きぬい)。
機縫の意味
「機」は「心の働き」の意味があり、見ている人・踊っている人各々の心の糸がその会場で物凄い速さで織り成して一体化できたらなって思いでその様な名前になりました。
「有心連歌」は和歌を中心とした幽玄かつ優美な連歌で、連歌は俳句の元であり、575と77等の組み合わせで構成されています。
機縫の見所の3部「山河」では掛け合いにおいて、たくさんの同心的連歌の言葉遊びがちりばめられてます。
機縫の『踊り』には基本的な踊りと、演舞場所に合わせて踊る【陣形】があります。

[↑上へ↑]